リバウンドと体調の変化

ダイエットを始めると必ず耳にするのがリバウンドという言葉です。体重がダイエット前に戻ったり、酷い時は前より増える状態を指すのですが、別にダイエットをしなくても体重の増減は起こります。例えば気温や、体調の変化にあわせて代謝機能も変化します。毎日同じように食事をしても当然結果は変わってきます。大体、1日で500g前後の増減ならそう珍しいことではありません。1日で1kg減ったと喜んだ次の日500g戻っているなどという場合は、大概体の調整レベル程度の話ですみます。しかし、そういった体調の変化をリバウンドと混同し、ダイエットを中止したり、エスカレートした挙句、失敗する場合があります。ダイエットを行う際はリバウンドについての正しい知識を持って行ってください。リバウンドは大抵の場合、体内に入るエネルギー量が減少した際に体を守る保護機能が働いた結果起きます。なので、急激なダイエットをすればするほどリバウンドのリスクは高くなります。目安としては1ヶ月に5%以上の体重減があった場合、リバウンドが起きる機能が最大限に働きます。なるべくならそれより低い数値でダイエットを行うよう注意してください。またダイエットは満腹感を得られる機能にも変化が見られ、正しい摂取量でも脳が満腹であると判断できなくなっています。なのでダイエットが成功しても機能が正常に戻るまではいきなり食事量を元に戻そうとせず、徐々に増やしてください。そうすれば機能は正常に戻ります。こちらも大体1ヶ月かけて元に戻すのが目安になります。無計画なダイエットは失敗する可能性が高いです。正しい知識と対策を立てながら進めるようにしましょう。