健康を目指したダイエット

ダイエットを行う理由には美しく見せたい、着たい服がある、などが少し前までは主流でしたが、生活習慣病が騒がれ始めた今日、健康的な体になりたいという理由がかなり上位の方に登場するようになりました。今までは多少基準値より肥満であっても気にせずにいられましたが、最近では健康診断などで指摘されるようになり、目を反らせなくなったのかもしれません。さて、生活習慣病の悩みですが、これは個人の悩みではなく、家族の悩みになっていることも多々あります。同じような食生活を長年続けていたせいで似たような体質になることが原因です。つまり、逆に考えると食生活さえ改善すればそれぞれがダイエットに悩まなくても家族全員生活習慣病と無縁の体になれるかもしれないということです。もちろんダイエットを成功させるには運動を取り入れることが最良ですが、とにかくメタボから脱却したいというのであれば家族の食生活を改善するのが簡単です。社会人になれば外で食事をする機会も多くあるとは思いますが、他の家族が順調に体重を落としているのを見ると危機感に襲われるので、自発的に外食もダイエットの方向へ舵きりしたくなるでしょう。まぁ、太っていると心臓や膝などに大きな負担をかけることになりますし、高血圧、高血糖と体に余計な爆弾を背負わせることになります。できれば痩せるに越したことはありません。しかし、痩せすぎると反対に体の調子が悪くなりますので何事もほどほどがよいでしょう。1ヶ月間につき自分の体重の5%減が減量の目安となっています。しかしそこまで無理をせず、僅かな減量でも継続さえできるのならば、半年後、1年後には大きな差となって現れます。継続を意識したダイエット計画を心がけましょう。