断食減量はアリか

ダイエットの定番として断食という方法があります。まぁ断食とまではいかなくとも一時的に食事制限をすることで体重を調整することはダイエットをするに当たり、真っ先に思いつく方法でしょう。手間暇かかりませんからね。もちろん短期間の断食なら体重の微調整もできますしデトックスの効果も期待できます。ですが即身仏を目指すつもりがない以上、断食を続けることは不可能ですし、無理に続けてもその先に待っているのはリバウンドや拒食症のリスクです。痩せたと喜び食事を元に戻した途端体重も元に戻る。場合によっては断食前より増えてしまうことすらあります。ストレスを溜めながら食事制限をした挙句肥ってしまっては何の意味もありません。むしろマイナスです。そうならないためにも同じ食事制限なら量より質の改善をお勧めします。同じ量でもカロリーの低いもの、例えば繊維質の豊富な野菜、肉類はささ身など脂身の少ない部位をとり、できれば肉類よりもよりも魚類、油分は少なく栄養は偏らせないといったところがポピュラーな内容でしょうか。アレルギーなど避けなければいけない食物の問題もありますのでこれがベストとは一概には言えませんが、個々にあった定番ダイエットメニューを考えるのも楽しいかもしれません。それに加えて適度な運動で基礎代謝を上げれば体の燃焼効率も良くなるのでより効果的です。ただし、運動した後にお腹が空いたとカロリーオーバーな食事を取れば元の木阿弥なのでくれぐれもお気を付けください。