日常に組み込むダイエット

ダイエットを始めるということはその分だけ時間を割かなければいけません。しかし、削れる時間はそう多くはありません。効率的な時間が使えるように日常生活と組み合わせたダイエット例をいくつかご紹介します。例えば1日で台所に立つ時間は結構多いと思われますが手は動かしても足はただ立っているだけということはありませんか。それでは勿体無いので爪先立ちで作業するとかストレッチをしながら作業してみてください。その他、洗濯物を干す時にはストレッチ。就寝直前、起床直後には腹筋が行えます。場合によっては1日30分以上の運動時間が得られます。中でもお勧めはお手洗いのタイミングでウエストを引き締めるツイストです。入る前と出た後、それに1日数回は利用しますので意識しなくても回数をこなすことができます。しかし、あくまで日常に加えるわずかな負荷ということを意識して回数をこなすよりも習慣にできるよう心がけてください。その方が長続きします。また、電車を使って30分前後の通勤時間の人は思い切って自転車通勤にシフトするのも良いでしょう。家や会社から駅まで歩くことを考えればトータルの時間はほとんど変わりません。カロリー消費もできるし通勤費も抑えられる。一石二鳥です。自転車通勤はキツイというのであれば、通勤時、歩く時は心持ち早歩きで歩く。エスカレーターやエレベーターの使用を控え階段を説教的に利用する。それだけでも結構変わってきます。このようにダイエットのためだけの時間は取れなくても日常生活に少し負荷をかけるだけでそれらは全てダイエットの時間となります。自分の日常を振り返り、負荷をかけられそうな場所がないか検討してみましょう。