減量のための筋トレ

ダイエットをするには運動するのが一番です。しかし、内容によっては器具や場所が必要になったり天候に左右されたりして意外と継続が難しかったりします。そこでお勧めなのが筋トレです。「脂肪を燃焼させるのは有酸素運動じゃないの?何で筋トレなんて無酸素運動が効果あるの」とお考えになる方もいらっしゃると思います。たしかに脂肪を早く燃焼させるのは有酸素運動が適しています。ですが続けられないのでは意味がありません。無酸素運動とはいえ、筋肉をつけることで基礎代謝量が増加します。基礎代謝とは人間が体を維持するのに必要な機能で筋肉の維持もそれに含まれます。エネルギーにしておおよそ1000〜1600キロカロリーほど1日に消費するので割と馬鹿になりません。残念なことに年齢を重ねるとともに基礎代謝の機能は落ちてしまうのですが、筋トレをすればそれを長い間維持させることが可能になります。直接脂肪を燃焼させるに至らなくとも間接的にダイエットの手助けが行えるわけです。筋肉をつける方法も色々ありますが、まずは足の筋トレをお勧めします。元々太ももなどの足回りは骨格筋の量も多く、筋肉を増やしやすい場所といえます。有酸素運動と組み合わすウォーキングができれば一番ですが、スクワットなども有効ですので自分のできる方法でトレーニングを選択してください。また、いきなり数をこなそうとしても疲れるだけであまり結果に表れません。がんばったのに結果が出ないと継続する意志も萎えてしまいます。必ず軽い回数から始めて、慣れるまで無理に負荷をかけないよう気をつけましょう。