趣味でカロリーを消費する

ダイエットのための運動が続かないというのはよく聞く話です。好きでやるわけではないので当然といえば当然でしょう。では好きですること。趣味に積極的に取り組んで見てはいかがでしょうか。休日にごろ寝をしながらおやつを食べるのが趣味というのは問題がありますが、新たに趣味になりそうな運動を探す必要もありません。例えばガーデニングを趣味にしている方は年配の方を始めそこそこいらっしゃると思います。ガーデニングは草むしりなど体を動かす作業が意外にあり、30分で80〜90キロカロリーくらいの消費は見込めます。これは、日曜大工や釣り、写真撮影にサイクリングなど体を動かす作業になればなるほど顕著になります。また、地味な作業でも何かをする以上必ずカロリーは消費されます。極端な話、手芸のような手先を動かすだけの作業でも30分続けていれば15キロカロリーは消費しますし、直接体を動かす趣味ではなくても資料や材料を探し回るだけでエネルギーは消費されます。確かに効果があるかどうか疑わしいほどの消費量ですがそれでも何もしないよりはるかにマシです。加えて、趣味で体を動かすことは、ダイエットのための運動や食事制限のように強制的にやらされている感覚が少ないということから継続させるための利点にもなっています。嫌々続けてストレスがたまり、効果がみられないどころか逆効果になったという話は珍しくありません。たとえ効果が少なくても積極的に楽しめる方が長続きします。そう考えるとダイエットを成功させるコツはダイエットを意識しないことなのかもしれませんね。